INTERVIEW

社員インタビュー
(若手)

小林佑太郎さん

伊豆急ケーブルネットワーク メディア事業部 入社3年 神奈川県横浜市出身

地元で喜ばれ、地域の魅力を発信できる仕事で自分らしい伊豆暮らしを楽しんでいます。

入社のきっかけを教えてください。

高校時代に伊豆急行電車を使って、友人と一緒に白浜海岸に遊びに来たんです。そのあまりにも美しい景色を見て、老後はもちろん、今すぐにでもここで暮らしたい!と強く思ったのが最初のきっかけです。

ご自身なりに面接試験を突破できた理由はどんなところにあったと思いますか?

川奈周辺の景色や温泉も大好きで、この豊かな伊豆の自然を発信できる仕事に就けたらとても幸せなことだと、面接の際、自分自身の志を強く伝えさせてもらいました。

入社後に感じたこと、お仕事の内容を教えてください。

最初は伊豆急行の運輸部に配属となり、その後すぐに伊豆急ケーブルネットワークに出向となりました。現在は、地域のコミュニティチャンネルの番組制作に携わり、動画の撮影、編集の仕事をしています。この業務で初めてカメラを持つことになり、最初は不安ばかりでしたが、多くのお客様にコミュニティチャンネルに加入いただき、お金を払って見ていただくチャンネルとして視聴しがいのある番組作りを心掛けています。

現在の仕事のやりがいは何ですか?

主に東伊豆を取材撮影でまわっているんですが、IKC(伊豆急ケーブルネットワーク)のジャンパーを着ていると取材先で声をかけられたり、地元の方々がIKCをよくご存じだったりするので、地域の魅力を発信できる仕事にとてもやりがいを感じています。また、伊豆に来なかったら出逢えなかった人達とも逢えるのはとても幸せなことです。

伊豆の魅力はどんなところですか?

今は、伊東市川奈に夫婦で移住し暮らしています。本当に自然豊かでのんびりとしたとても良い環境です。美しい海の横にすぐ山があるのは伊豆ならではだと思いますし、観光客向けではない地元の人の飲食店が個性的でとてもおもしろいんです。

就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。

生活と仕事、ONとOFFのバランスが取れる楽しい職場です。自分という商材を売り込むのが就職活動だと思いますが、そのためには自分自身のことをよく理解し、きちんと伝えることが大切なので、日々自分をよく見つめ、発信することを心掛けてみてください。

一覧に戻る

私たちと共に働き共に暮らしませんか?

伊豆急グループでは、一緒に働いてくれる人を募集しています。
また、伊豆への移住についても積極的に推進していますので、お気軽にお問合せください。

伊豆オリーブみらいプロジェクト 東急グループ