INTERVIEW

社員インタビュー
(ベテラン)

関谷稔さん

伊豆急行 企画部 総括課 入社24年 神奈川県横浜市出身

伊豆急があるから伊豆があり、伊豆があるから伊豆急がある。
そこに仕事のやりがいと生き甲斐があります。

入社のきっかけを教えてください。

両親そろって海が大好きで、特に南伊豆がとても好きだったため、幼い頃からよく家族旅行で伊豆に来ていました。横浜からも近く、リゾート感覚も味わえますし、鉄道好きでもあるので、元々伊豆急行に大変興味があり、ぜひ入社したいと考えていました。

現在担当している仕事の内容を教えてください。

企画部総括課では、総務、企画全般、契約書の取り交わしや予算・決算処理、補助金申請などの事務的業務、安全管理体制強化を図るための内部安全審査の実施など本当に幅広い業務を担当しています。また、東急・JR東日本・ジェイアール東日本企画の3社共同で、伊豆の交通の利便性をより高めるためのプロジェクト「観光型MaaS(Mobile as a Service:サービスとしての移動)」の事務局としても業務を担っています。

関谷さんの信念やこだわりを教えてください。

業務上自分自身が必要とされ、自分が動かないと仕事が回らないので、何事にもとにかく一生懸命に取り組むことをモットーにしています。大変なことも楽なことも、全てが大切であり、規制も既成概念もなく懸命にやることが仕事のやりがいにつながっています。
また、横浜出身ということもあり、常に旅行者目線を忘れず、観光産業に携わる者として伊豆の魅力を発信し続け、さらに伊豆をよくしたいと思っています。

目標やビジョンはありますか?

伊豆も少子高齢化が深刻になりつつあります。そんな中でもやりがいを感じられる開かれた会社だと思っていますので、これからも地域に存続できる会社でいられるよう、様々な人とコミュニケーションをとっていきたいと思っています。

後輩へのアドバイスをお願いします。

伊豆急があるから伊豆があり、伊豆があるから伊豆急がある、と自信を持っていいと思います。地域に根をおろし、仕事と遊びの境界線がないようなライフスタイルを楽しみながら、さらにもっともっと伊豆を好きになって欲しいと思います。

伊豆急の良いところをひと言でお願いします。

良い仲間に恵まれ、困っているときに力になってくれる会社です。

一覧に戻る

私たちと共に働き共に暮らしませんか?

伊豆急グループでは、一緒に働いてくれる人を募集しています。
また、伊豆への移住についても積極的に推進していますので、お気軽にお問合せください。

伊豆オリーブみらいプロジェクト 東急グループ